アルミデッキ縁台 幅90cm NO-404 (1台) 直送便】コレクション速報!

分析研修

100%新品通販アルミデッキ縁台 幅90cm NO-404 (1台) 直送便】

研修名 機器分析研修
目的 機器測定に関する基礎的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、実務経験が比較的浅い
コース内容 大気及び水質の分析測定において汎用される度合いの大きい機器を用いる測定法について実習等を行う。基礎的な技法に重点を置く。
定員 45人
期間 平成29年5月18日~6月2日(16日間:実日数12日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(実績) [PDF 224KB]
研修名 特定機器分析研修Ⅰ(ICP-MS)(年2回)
目的 特定の機器測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 環境分析において必要とされる専門的機器の測定方法及び操作技法について実習等を行う。ICP-MSの最新の手法による機器測定法に重点を置く。(第1回では水質を、第2回ではPM2.5を、それぞれ念頭に置いたカリキュラムとする。)
定員 (1回)12人 (2回)12人
期間 (1回)平成29年6月19日~6月30日(12日間:実日数10日間)
(2回)平成29年9月25日~10月6日(12日間:実日数10日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(第1回実績)[PDF 391KB]
【参考】平成28年度実施要綱(第2回:実績)[PDF 389KB]
研修名 特定機器分析研修Ⅱ(LC/MS/MS)(年2回)
目的 特定の機器測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 環境分析において必要とされる専門的機器の測定方法及び操作技法について実習等を行う。LC/MS/MSの最新の手法による機器測定法に重点を置く。(第1回では前処理や機器操作技法を含む測定方法全般を、第2回では機器操作技法を扱うカリキュラムとする。
定員 (1回)15人(2回)15人
期間 (1回)平成29年4月17日~4月28日(12日間:実日数10日間)
(2回)平成29年7月24日~7月28日(5日間:実日数5日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(第1回実績) [PDF 205KB]
【参考】平成29年度実施要綱(第2回実績) [PDF 197KB]
研修名 大気分析研修
目的 大気分析測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 有害大気汚染物質のうちVOCs及び重金属類の測定法について実習等を行う。公定法(有害大気汚染物質測定方法マニュアル、PM2.5成分測定マニュアル)及び最近の応用測定技法に重点を置く。
定員 30人
期間 平成30年2月15日~3月2日(16日間:実日数12日間)
備考 【参考】平成28年度実施要綱(実績)[PDF 181KB]
研修名 臭気分析研修
目的 臭気分析測定に関する専門的知識及び技術を習得する 。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 嗅覚測定法について実習等を行う。オペレータとして必要とされる技法に重点を置く。また、悪臭苦情の対応方法について解説を行う。
定員 10人
期間 平成29年6月12日~6月15日(4日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(実績) [PDF 216KB]
研修名 水質分析研修
目的 水質分析測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 水質中の農薬や重金属類等の測定法について実習等を行う。公定法に基づいた測定技法及び最近の応用測定技法に重点を置く。
定員 45人
期間 平成29年11月30日~12月15日(16日間:実日数12日間)
備考 【参考】平成28年度実施要綱(実績)[PDF 214KB]
研修名 廃棄物分析研修
目的 廃棄物分析測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 廃棄物中の重金属の測定法について実習等を行う。公定法に基づいた測定技法及び最近の応用測定技法に重点を置く。
定員 15人
期間 平成29年10月16日~10月27日(12日間:実日数10日間)
備考 【参考】平成28年度実施要綱(実績)[PDF 196KB]
研修名 VOCs分析研修(水質)(年2回)【回数増】
目的 水質中の揮発性有機化合物の分析測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員でその経験が概ね2年以上の者
コース内容 水質中の揮発性有機化合物の測定法について実習等を行う。公定法に基づいた測定技法に重点を置く。
定員 12人
期間 (1回)平成29年7月3日~7月14日(12日間:実日数10日間)
(2回)平成29年9月25日~10月6日(12日間:実日数10日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(実績)[PDF 127KB]
【参考】(第2回要綱(実績))
研修名 課題分析研修Ⅰ(プランクトン)
目的 プランクトンの検索法に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 プランクトンの検索法について実習等を行う。現地採集試料の同定を主眼とする。
定員 15人
期間 平成29年5月22日~5月26日(5日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(実績) [PDF 209KB]
研修名 課題分析研修Ⅱ(底生動物)
目的 底生動物の検索法及び底生動物を用いた水質評価法に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 底生動物の検索法及び底生動物を用いた水質評価法について実習等を行う。現地採集試料の同定を主眼とする。
定員 10人
期間 平成29年4月17日~4月21日(5日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(実績)[PDF 218KB]
研修名 環境汚染有機化学物質(POPs等)分析研修
目的 環境汚染有機化学物質の機器測定に関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員でその経験が概ね2年以上の者(例:化学物質環境実態調査(黒本調査)を実施する者またはその予定のある者)
コース内容 環境汚染有機化学物質の機器測定法について実習等を行う。環境モニタリングにおいて必要とされる前処理及び機器測定(LC/MS/MS及びGC/MS)の技法に重点を置く。
定員 (LC/MS)8人 (GC/MS)12人
期間 平成29年10月16日~10月27日(12日間:実日数10日間)
備考 【参考】平成28年度実施要綱(実績)[PDF 181KB]
研修名 ダイオキシン類環境モニタリング研修(基礎課程)(年2回)
目的 ダイオキシン類の環境モニタリングに関する専門的知識及び技術を習得する。
対象者 地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員でその経験が2年以上あり、かつGC/MSによる測定分析の経験がある者
コース内容 ダイオキシン類の環境モニタリング手法について実習等を行う。 。サンプリング手法及び測定分析方法に重点を置くとともに、安全管理手法及び分析データの精度管理手法を扱う。
定員 (1回)6人 (2回)6人
期間 (1回)平成29年6月19日~7月7日(19日間:実日数15日間)
(2回)平成30年1月15日~2月2日(19日間:実日数15日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(第1回:実績) [PDF 204KB]
【参考】平成28年度実施要綱(第2回:実績)[PDF 106KB]

100%新品通販アルミデッキ縁台 幅90cm NO-404 (1台) 直送便】

研修名 ダイオキシン類環境モニタリング研修(専門課程)排ガスコース
目的 排ガス中のダイオキシン類の環境モニタリングに関する高度な専門的知識及び技術を習得する。
対象者 原則としてダイオキシン類環境モニタリング研修基礎課程修了者で、その後各地方公共団体でダイオキシン類の分析経験を有する者
コース内容 排ガスのサンプリングから測定分析について、専門的な実習を行う。公定法に記載のある種々の方法(採取法・分析法)の理解と現地試料採取及びその分析に重点を置く。
定員 6人
期間 平成29年11月27日~12月15日(19日間:実日数15日間)
備考 平成28年度は土壌コースを実施
【参考】平成28年度実施要綱(実績)[PDF 232KB]
研修名 石綿位相差顕微鏡法研修(年2回)
目的 石綿位相差顕微鏡法による大気中総繊維濃度測定に必要な基礎的技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、一定の実務経験を有する
コース内容 大気中の総繊維濃度測定について位相差顕微鏡法による実習等を行う。
定員 (1回)10人 (2回)10人
期間 (1回)平成29年4月19日~4月21日(3日間)
(2回)平成30年1月17日~1月19日(3日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(第1回・実績)[PDF 204KB]
【参考】平成28年度実施要綱(第2回・実績)[PDF 200KB]
研修名 アスベスト分析研修(年2回)
目的 アスベスト分析(位相差顕微鏡法、偏光顕微鏡法、蛍光顕微鏡法及び走査型電子顕微鏡法)の原理を理解し、測定技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、大気汚染防止法に基づく石綿位相差顕微鏡法(光学顕微鏡法)に関する知識及び技術を有する者
コース内容 大気中アスベストの分析手法について実習等を行う。位相差顕微鏡法及び、走査型電子顕微鏡法に重点を置く。
定員 (1回)10人 (2回)10人
期間 (1回)平成29年6月12日~6月16日(5日間)
(2回)平成29年8月29日~9月1日(5日間)
備考 【参考】平成29年度実施要綱(第1回・実績)[PDF 200KB]
【参考】平成28年度実施要綱(実績:第1回・第2回共通)[PDF 196KB]
研修名 問題解決型分析研修
目的 分析技術及び測定上の問題点を解決するための手段及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析を業務を担当している職員で、使用する分析機器等に習熟している者または既に環境調査研修所の分析研修を修了した者
コース内容 分析技術及び測定上の問題点を解決するための手段及び技術の習得を図る。
定員 若干名
期間 平成29年4月~平成30年2月(8月除く)の間の別に定める時期(3日以上5日以内)→平成28年度は、9月26日~9月30日に実施
備考 【参考】平成28年度実施要綱(実績)(「有害大気汚染物質測定方法」の検討)
研修名 特別分析研修
目的 分析測定について極めて高度な専門的知識及び技術を習得する。
対象者 国及び地方公共団体等において環境分析業務を担当している職員で、既に環境調査研修所の分析研修を修了した者またはそれと同等の者
コース内容 研修生及び派遣機関の要望を加味した研修カリキュラムにより分析測定について極めて高度な実習等を行う。
定員 若干名
期間 平成29年4月~平成30年2月(8月除く)の間の別に定める時期(20日以上)
備考
ページ先頭へ

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。。。。

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-4018