全国無料配送

.

看護師に特化した転職サポートを行う 「看護プロ」がお届けする、、医療関連ニュース。

激安通販専門店!

看護師求人の看護プロ > ローザス医療ニュースブログ > 医療全般 > 海外のニュースよりvol.1:「安楽死」について

海外のニュースよりvol.1:「安楽死」について

こんにちは!ローザスの小澤です。

本日はたまにはと思い、海外のニュースから、ご紹介。
イギリスのBBC4月18日付の記事で
Right to die: Paul Lamb takes up Tony Nicklinson fight
(死ぬ権利:ポール・ラム氏はトニー・ニコルソンの法廷闘争に続く)

というニュース。

問題は「安楽死」を巡ってのニュース。
イギリスでも日本と同じく、自分自身で積極的に死を選ぶこと、
すなわち安楽死は認められていません。

副題に載っているポール・ラム氏は58歳で重度の身体麻痺を抱えていて、
ドクターの援助による死を望んでいるものの、
自分自身で自殺することができないレベルの麻痺を抱えているとのこと。

もう一人のトニー・ニコルソン氏は、
同じく閉じ込め症候群と呼ばれる重度の全身まひを抱えており、
家族とともに安楽死を合法化するための戦いを開始。
本人は2012年に自らの絶食により亡くなられていて、
家族が意思を継いで法廷闘争を続けています。

記事はポール・ラム氏がトニー・ニコルソン氏に続いて
「安楽死」の合法化を求める法廷闘争を開始したことを取り上げています。

賛成派の団体の意見と反対派の団体の意見の両方と、
これまでの司法判断のケースをいくつか載せてあります。

大雑把に議論をまとめると、
賛成派「本人が意思を示しているのであれば、それを尊重すべきだ」
反対派「国が死を推進することになりかねない、社会的弱者にとっては脅威だ」

という話の模様。

日本では、どうでしょうか。
死がほぼ確実の本人が延命治療を拒否する、
いわゆる「尊厳死」については徐々に議論が定着しているようです。

「安楽死」に関しては最高裁が違法の判断を下していて、
議論するのもためらわれる模様。

しかし、こういった問題も、もっと議論することは必要なのではないでしょうか。
もちろん、死生観や人権などと深いかかわりをもつことになるので、
簡単に片づけることのできる内容ではないのは確かです。

ではなぜ議論すべきか。
議論によって、絶対的な解決策が生まれるというよりも、
「安楽死」を望む方々にスポットが当たって、
その苦悩を理解しようとする気運が社会的に高まると思われるからです。

むしろ、ポール・ラム氏が求めているのも、
そういった声にならない声を発したいという思いから、
このような法廷闘争を始めたのではないかとも思われます。

注目すべきことは、ポール・ラム氏が起こしている行動よりも、
なぜ、その行動を起こしているのかにある気がします。

ローザス

2013年04月19日カテゴリー:医療全般

ローザス医療ニュースブログ

を満載!

最近の記事

ブログテーマ一覧

記事検索

お役立ち情報

看護プロへようこそ!

看護プロは、関東・東海エリアに強みをもつ看護師求人・転職サイトです。病院・クリニック・介護施設などの求人を毎日更新しています。また、求人情報だけでなく、転職体験談・マニュアル等の転職にあたって、お悩みになる方が多いポイントを解説し、軽減するコンテンツも取り揃えています。

看護プロでは、なによりも実際に病院・施設で実際に働いていた看護師・准看護師の方からの内部情報を収集することに力を入れています。「転職の決め手はクチコミ・情報力」とご説明しているように、、リアルな情報をご提供することで 、入職後のギャップを少しでもなくし、看護師・准看護師の方がやりがいを感じる職場を探すお手伝いができればと、心から願っています。

ご転職にあたっては

、不安や分からないことがあるのは当然です。ぜひ、、、経験豊富な看護プロのコンサルタントにご相談ください!

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-3300