【PUMA】 - MATCH SPLATTER - 全2色!! コラボ 120 レザー

Salvatore Ferragamo ナッパレザー Elisea サンダル 65813801M07
会社情報 イベント アカデミック コミュニティ サポート ソリューション 製品とサービス お問い合わせ MyNI

LabVIEW 2015の機能および変更点


LabVIEW 2015ヘルプ
発行日時: June 2015
製品番号: 371361M-0112
»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

意見交換アイコン は、ni.comのNI Idea Exchangeディスカッションフォーラム(英語)での製品に関する提案を元に開発された新機能を示しています。

新機能および変更点の詳細一覧、LaVIEWの異なるバージョン特有のアップグレードおよび互換性の問題、およびアップグレードの手順については、『LabVIEW 2015アップグレードノート』を参照してください。

既知の問題、修正されたバグの部分的なリスト、その他の互換性に関する問題、LabVIEW 2015における追加機能については、labviewディレクトリのreadme.htmlファイルを参照してください。

おしゃれな【PUMA】 - MATCH SPLATTER - 全2色!! コラボ 120 レザー

ショートカットメニュープラグインを作成すると、フロントパネルおよびブロックダイアグラムのショートカットメニューにカスタム項目を追加できます。編集時のフロントパネルおよびブロックダイアグラムオブジェクト、または実行時のブロックダイアグラムオブジェクトを右クリックすると表示されるショートカットメニュープラグインを作成できます。

ショートカットメニュープラグインを作成するには、ユーティリティVI(labview\resource\plugins\PopupMenus\Create Shortcut Menu Plug-in From Template.vi)を開き、VIのフロントパネルにある手順を実行します。

ユーティリティVIは、プラグインに必要なファイルを生成します。これらのファイルをカスタマイズしてショートカットメニューを作成し、プラグインを実行します。

LabVIEW 2015には以下のプラグインが含まれています。

  •   配列または要素に変更―スカラー値をそのタイプの配列に変換するか、配列をその要素タイプのスカラーに変換します。このプラグインは 、制御器、表示器、制御器および表示器の端子、および定数に作用します。このプラグインは、複数のオブジェクト選択をサポートします。[NIディスカッションフォーラムメンバーDavid_L.の提案による]

  • リストボックスを空にする—リストボックスまたは複数列リストボックスからすべての行を削除します。このプラグインは、フロントパネルのリストボックスおよび複数列リストボックスに作用します。このプラグインは、複数のオブジェクト選択をサポートします。
  • 調査―サブVI、クラス、またはタイプ定義のディスク上のファイルの位置を参照します。このプラグインは、サブVI、クラス制御器および表示器、クラス制御器および表示器の端子、クラス定数、タイプ定義制御器および表示器、タイプ定義制御器および表示器の端子、およびタイプ定義定数に作用します。
  • オブジェクトを削除および再配線―選択されているブロックダイアグラムオブジェクトと選択されているオブジェクトに接続されたワイヤおよび定数を削除し、削除されたオブジェクトの入力および出力に接続されていたものと同じデータタイプのワイヤを接続します。このプラグインは、削除可能なブロックダイアグラムオブジェクトに作用します。このプラグインは、複数のオブジェクト選択をサポートします。
  •   配列定数を定数に合わせてサイズ調整―配列定数の幅を、配列内の最大幅の要素に幅に合わせてサイズを調整します。このプラグインは、配列定数に作用します。[NIディスカッションフォーラムメンバーblawsonの提案による]
  •   2D配列転置―2D配列の内容を転置します。このプラグインは、2D配列制御器、表示器、および定数に作用します。このプラグインは、複数のオブジェクト選択をサポートします。[NIディスカッションフォーラムメンバーmoderator1983の提案による]
  • すべての未配線端子を配線―選択されたブロックダイアグラムオブジェクトの未配線の入力と出力に対して制御器、表示器、または定数を作成します。このプラグインは、配線可能なブロックダイアグラムオブジェクトに作用します。このプラグインは、複数のオブジェクト選択をサポートします。

フロントパネルまたはブロックダイアグラムのスペースの追加または縮小に関する改善点

LabVIEW 2015では、フロントパネルまたはブロックダイアグラムでのスペースの追加およびスペースの縮小を容易に行えるようになりました。

グループ化されたオブジェクト間のスペースを大きくするには、<Ctrl>を押しながらスペースを追加したい方向へドラッグします。(OS X)<Option>キーを押します。散乱したオブジェクト間のスペースを削除するには、<Ctrl-Alt>を押してスペースを小さくしたい方向へドラッグします。(OS X)<Option>キーを押します。オブジェクトは、ドラッグするマウスと一緒にリアルタイムで移動します。ドラッグする方向が主に垂直または水平である場合、操作は優先方向にスナップします。

プローブの改善点

LabVIEW2015では、プローブが以下のように改善されました。

  • ほとんどのプローブ表示は、プローブ監視ウィンドウプローブ表示サブパネルにフィットするようにスケールされます。
  • 配列データの一般プローブは複数要素を表示します。要素がプローブ表示サブパネルにフィットしない場合、スクロールバーが表示されます。
  • 文字列データのデフォルトプローブはカスタムプローブです。デフォルト文字列プローブを使用するには、ワイヤを右クリックしてショートカットメニューからカスタムプローブ→デフォルト文字列プローブを選択します。文字列表示タイプを選択するには、プローブ表示サブパネルの左にあるグレーのバーをクリックします。

フリーラベル内のハイパーリンク

  LabVIEW 2015では、LabVIEWがフリーラベル内のURLを検出し、下線付きの青いテキストのハイパーリンクに変換します。ハイパーリンクをクリックすると、デフォルトのウェブブラウザでそのリンクが開きます。LabVIEW 2015では、デフォルトでハイパーリンクが有効になっています。フロントパネルのラベルのハイパーリンクを無効にするには、フリーラベルを右クリックして、ショートカットメニューでハイパーリンクを有効化の選択を解除します。ブロックダイアグラムのラベルでハイパーリンクを無効にすることはできません。

[NIディスカッションフォーラムメンバーRick Lの提案による]

アクターフレームワークのアクタークラスおよびメッセージクラスを作成する

アクターフレームワークのアクタークラスおよびメッセージクラスを作成する際、アクターフレームワークを使用するプロジェクトをロードする必要がなくなりました。プロジェクトエクスプローラウィンドウにある新しいショートカットメニューオプションを使用し、アクターフレームワークのアクタークラスおよびメッセージクラスを作成できます。このプロジェクトエクスプローラウィンドウのショートカットメニューオプションが、アクターフレームワークメッセージメーカダイアログボックスを置き換えることになります。

フロントパネルの改善点

LabVIEW 2015では、フロントパネルが以下のように改善されました。

【PUMA】 - MATCH SPLATTER - 全2色!! コラボ 120 レザー【無休で毎日注文中】

LabVIEW 2015では、新規のエラー入力クラスタは、デフォルトでプロパティダイアログボックスのキー操作ページにあるTabキーでこの制御器を選択しないオプションのチェックマークがオンになっています。VIを実行中に<Tab>キ―を押すと、エラー入力クラスタ制御器がスキップされます。タブ順序にエラー入力クラスタを含めるには、このオプションのチェックマークをオフにします。

メモ  旧バージョンのLabVIEWからアップグレードされたエラー入力クラスタでは、手動でこのオプションを有効にしてTabキーでこの制御器をスキップする必要があります。

環境の改善点

LabVIEW 2015では、LabVIEW環境が以下のように改善されました。

コンパイラの最適化における改善点

LabVIEW 2015では、コンパイラの最適化により、VIコードの複雑度がしきい値を超える場合の、大きなVIの実行速度を改善できます。この改善により、コンパイル時間の速度が低下する可能性があります。複雑度のしきい値調節は、オプションダイアログボックスの環境ページにあるコンパイラセクションで実行することができます。複雑度のしきい値を変更すると、そのしきい値に相対するVIコード複雑度に基づいて、VIをコンパイルする際に使用されるコンパイラ最適化プロファイルで使用されます。

VIのロード後、欠損しているコンポーネントを一覧表示する

VIのロード中、ユーザは欠損しているコンポーネント(LabVIEWモジュール、ツールキット、ドライバ、および他社製アドオンなど)を検索する必要がなくなりました。VIがロードされた後、ロード時に発生した警告の履歴ダイアログボックスまたは旧バージョン用保存で発生した警告ダイアログボックスの詳細を表示をクリックするか、表示→ロード/保存時の警告のリストを選択してロード/保存時の警告のリストダイアログボックスを開きます。ロード/保存時の警告のリストダイアログボックスには、新しい欠損しているコンポーネントセクションがあり、VIのロード中にLabVIEWで必要な欠損しているコンポーネントを一覧表示します。

その他の環境の改善点

LabVIEW 2015では、その他の環境が以下のように改善されました。

  • 発呼者VIにインライン化されているサブVIでエラーリングを使用できます。
  • LabVIEW 2015には、アップグレードされたバージョンのWindowsおよびLinux用Mathカーネルライブラリ(MKL)11.1.3ソフトウェアが含まれています。MKLは、線形代数VIのパフォーマンスを改善するためにLabVIEWで使用される他社製のソフトウェアです。MKLの詳細については、Intel Developer Zoneウェブサイト(software.intel.com/en-us/intel-mkl)を参照してください。

その他のダイアログボックスの改善点

LabVIEW 2015では、ダイアログボックス項目が以下のように改善されました。

  • インストーラプロパティダイアログボックスの追加のインストーラページに、表示されるランタイムインストーラをフィルタするための新しいランタイムインストーラのみを表示チェックボックスが追加されました。ランタイムインストーラのみを表示するには、このチェックボックスをオンにします。デフォルトではこのオプションは有効です。
  • プロジェクト項目を検索ダイアログボックスにエクスポートボタンが新たに追加されました。このボタンをクリックすると、検索結果がテキストファイルにエクスポートされます。

追加および変更されたVIおよび関数

LabVIEW 2015では、以下のVIおよび関数が新たに追加または変更されました。

新しいVIおよび関数

LabVIEW 2015には、以下のVIおよび関数が新たに追加されました。

上級TDMS VIおよび関数

上級TDMSパレットに、メモリ内の.tdmsファイルを開く、閉じる、読み取る、および書き込むために使用できるメモリ内TDMSサブパレットが新たに追加されました。このサブパレットには以下の関数が含まれています。

「上級TDMS」パレットには、TDMSデータを削除関数も新たに追加されました。この関数は、グループ内のチャンネルまたは複数のチャンネルからデータを削除するために使用します。

データタイプ解析VI

バリアントパレットに、以下のVIを含むデータタイプ解析サブパレットが新たに追加されました。

データタイプ解析VIは、バリアントのデータタイプの取得およびそのデータイプの情報を取得するために使用します。また、バリアントのデータタイプが特定のデータタイプと一致しているかチェックすることもできます。

区切られたスプレッドシートからの読み取りおよび書き込み

ファイルI/Oパレットに、以下のVIが新たに追加されました。

その他の新しいVIおよび関数

LabVIEW 2015には、その他、以下のVIおよび関数が新たに追加されました。

  • 離散数学パレットに、「素数を確認」VIが新たに追加されました。このVIは、数字が素数かどうかをチェックするために使用します。
  • 上級ファイルパレットに、「増分する接尾辞と一緒にファイルを作成」VIが新たに追加されました。このVIは、ファイルを作成し、指定されたパスにそのファイルが既に存在する場合にファイル名の末尾に増分番号を追加するために使用します。
  • ダイアログ&ユーザインタフェースパレットに、「システムログに書き込む」VIが新たに追加されました。このVIは、nierrlogシステムログにエラーログメッセージを書き込むために使用します。メッセージは、ご使用のオペレーティングシステムのシステムログビューアを使用して表示できます。(NI Linuxリアルタイム)NI Web-based Configuration & Monitoringシステムログビューアページを開きます。

その他のVIおよび関数の変更点

LabVIEW 2015には、この他に以下のVIおよび関数が変更されました。

  • ファイル拡張子を取得—このVIに、ファイルで指定したファイルの拡張子をピリオド(.)なしで返す未修正のファイル拡張子出力が追加されました。

アプリケーションビルダの改善点

LabVIEW 2015には、LabVIEWアプリケーションビルダおよびビルド仕様に関して以下の改善点が含まれています。

(Windows) タイプライブラリを組み込んだ共有ライブラリを作成する

LabVIEW 2015では、更新されたアプリケーションビルダを使用して、共有ライブラリ(DLL)を作成する際にタイプライブラリを組み込むかどうかを明示的に指定できます。TestStandまたはLabVIEWのライブラリ関数呼び出しノードを使用する場合は、共有ライブラリプロパティダイアログボックスの上級ページにあるTestStandまたはライブラリ関数呼び出しノードにタイプライブラリを追加するのチェックボックスをオンにしてこの機能を手動で有効にする必要があります。TestStand C/C++ DLL Adapter、LabWindows/CVI Adapter、およびLabVIEWのライブラリ関数呼び出しノードは、タイプライブラリを使用して、

、共有ライブラリ内の関数および関数のパラメータおよびデータタイプのリストを表示します。タイプライブラリを組み込むには、追加のツールをインストールする必要があります。追加のツールのダウンロード方法については、ni.com/jp/infoでnfo Codeに「DownloadMSDTBuildTools」と入力してください。

LabVIEWビルドアプリケーションおよび共有ライブラリのロード時間の改善

LabVIEWで高速なファイル形式を使用することにより、より高速にロードできるスタンドアロンアプリケーション(EXE)およびDLLを作成できます。

高速なファイル形式を使用するには、共有ライブラリプロパティダイアログボックスまたはアプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページにある高速なファイル形式を使用チェックボックスをオンにします。このオプションはデフォルトでは無効です。高速なファイル形式を有効にすると、LabVIEWはアプリケーションビルダのオブジェクトキャッシュを使用しません。このため、スタンドアロンアプリケーションおよび共有ライブラリのビルドにかかる時間が長くなる可能性があります。

メモ  高速なファイル形式を使用するには、上級ページのデバッグを許可チェックボックスがオフになっていることを確認します。

追加および変更されたクラス、プロパティ、メソッド、およびイベント

LabVIEW 2015では、以下のクラス、プロパティ、メソッドおよびイベントが追加または変更されました。

VIサーバのプロパティとメソッド

LabVIEW 2015には、以下のVIサーバプロパティとメソッドが新たに追加されました。

  • ハイパーリンクを有効化(クラス: テキスト)―テキストがフリーラベル内のURLを検出して下線付きの青いテキストのハイパーリンクに変換するかどうかを制御する設定の読み取りおよび書き込みを行います。
  • 端子を切断メソッド(クラス: ワイヤ)―未接続の配線を削除せずに、端子からワイヤを接続します。
  • 検出された依存項目名プロパティ(クラス: Gオブジェクト)―オブジェクトのメモリにロードされたすべての外部ファイル依存項目の修飾名の配列を読み取ります。たとえば、ある制御器が.ctlまたは.xctlファイルに対して依存性があるとします。この依存性がメモリにある場合、その修飾名が配列に含まれます。
  • 検出された依存項目パスプロパティ(クラス: Gオブジェクト)—オブジェクトのメモリにロードされたすべての外部ファイル依存項目のパスの配列を読み取ります。たとえば、ある制御器が.ctlまたは.xctlファイルに対して依存性があるとします。この依存性がメモリにある場合、そのパスが配列に含まれます。
  • 欠損している依存項目名プロパティ(クラス: Gオブジェクト)―オブジェクトの欠損しているすべての外部ファイル依存項目の修飾名の配列を読み取ります。たとえば、ある制御器が.ctlまたは.xctlファイルに対して依存性があるとします。この依存性が欠損している場合、その修飾名が配列に含まれます。
  • 欠損している依存項目パスプロパティ(クラス: Gオブジェクト)―オブジェクトの欠損しているすべての外部ファイル依存項目のパスの配列を読み取ります。たとえば、ある制御器が.ctlまたは.xctlファイルに対して依存性があるとします。この依存性が欠損している場合、そのパスが配列に含まれます。
  • 欠損しているVI名プロパティ(クラス: サブVI)―欠損している場合のみにそのサブVIにより呼び出されるVIの修飾名を読み取ります。それ以外の場合 は、空の文字列を返します。
  • 欠損しているVIパスプロパティ(クラス: サブVI)―欠損している場合のみにそのサブVIにより呼び出されるVIのパスを読み取ります。それ以外の場合 は、空の文字列を返します。
  • 値(取り消し可能)プロパティ(クラス: 制御器)―制御器のプロパティを書き込む機能と同じですが、スクリプト処理システムが書き込みを登録するため、値変更の取り消しが可能です。このプロパティは書き込み専用です。
  • デフォルト値(取り消し可能)プロパティ(クラス: 制御器)―制御器のデフォルト値プロパティを書き込む機能と同じですが、スクリプト処理システムが書き込みを登録するため、、、値変更の取り消しが可能です。このプロパティは書き込み専用です。

 

フィードバック  大変悪い  |  大変良い    はい いいえ
 文書に対する評価 
 問題は解決しましたか。 
コメントを追加 1 2 3 4 5

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-3766