ゴープロ カメラ RageCams GoPro Hero 1 Original Replacement Lens 正規輸入品 ジョビー ソニー TAMRON【限定価格セール】

事業内容

2016人気No.1ゴープロ カメラ RageCams GoPro Hero 1 Original Replacement Lens 正規輸入品 ジョビー ソニー TAMRON

当社は、1962年に高炉を建設し銑鋼一貫メーカーへ脱皮するとともに、表面処理製品・ステンレス鋼などの薄板部門に特化したメーカーとして業界におけるユニークな地位を占めています。

メルティングセンターである呉製鉄所は、顧客満足度No.1を目指す当社の品質競争力を支える基幹工場であり、高炉微粉炭原単位や熱延歩留、加熱炉燃料原単位などさまざまな主要技術指標で国内トップの水準にあります。

ソニー ミニDVカセット63分 10巻パック SONY 10DVM63HDC 返品種別A強み2表面処理製品の分野に永い伝統と優れた技術力

1908年の創業当初から亜鉛めっきを行っており、当社が開発したガスワイピング(YG)法によって製造される亜鉛めっき鋼板・アルミめっき鋼板は、優れた耐食性と美しい表面肌によりマーケットから高く評価いただき、月星印のブランド名とともに業界に広く知られています。 2000年には、亜鉛-アルミニウム-マグネシウム系溶融めっき鋼板「ZAM®」の営業生産を開始、従来の亜鉛めっきに比べ、格段に耐食性に優れたこのZAM®は、建材だけでなく自動車分野や電機分野、さらには農業分野など幅広い用途に使用され、順調に生産を伸ばしています。

また、ステンレス鋼板へのアルミめっき技術確立や、他に先駆けてのクロムフリー商品のラインナップ化、塗装鋼板に機能性を付与したセリオスの開発など、当社の技術開発力は商品レパートリーを一層拡げており、お客様のニーズに即応できる表面処理製品のトップメーカーとして、独自の地位を築いています。

ソニー バッテリーチャージャー BC-TRW 《納期約1週間》強み3ステンレス冷延のトップメーカー

当社は、1958年に日本で初めてセンジミア・ミルを導入し、ステンレス量産時代の道を拓きました。その後、転炉脱ガス法やセンジミア・ミルのタンデム化、極薄専用ハイテク・ミルの導入、焼鈍酸洗から冷間圧延までの連続化など、さまざまな新技術を開発し、常にステンレス業界をリードしています。

また、耐食性・加工性・耐熱性・強度などの特性を持たせた高性能・高機能なステンレス鋼を開発し、高度化するお客様のニーズに応えつつ、積極的に新規開発・用途開発を進めています。

強み4みがき特殊帯鋼のトップメーカー

当社は、1989年に設置した真空脱ガス装置と垂直型連続鋳造設備とを組み合わせることにより、原料から一貫した品質管理の下で高品質の特殊鋼を生産しています。また 、2008年には、堺製造所に最新鋭の冷延設備(1ZM)が新たに稼働し、 、一層高精度な生産体制が実現されました。
お客様の用途・加工・熱処理方法に合わせた一品一様のきめ細かな管理を行い、特にみがき帯鋼については、品質・数量ともトップの地位を確保しています。

強み5海外事業展開

1986年、米国ウエストバージニア州にアルミ・亜鉛めっき鋼板製造の合弁会社Wheeling-Nisshin, Inc.(ウィーリング・ニッシン・インク)を設立。1988年の営業生産開始以来、順調に生産、販売を続けており、2006年1月には累計生産1,000万トンを達成しました。また、2013年には高耐食溶融めっき鋼板「ZAM®」の生産を開始する予定です。

ステンレスでは、世界的なメーカーに成長したAcerinox(アセリノックス)社と、創業以来の親密な関係のもとでグローバルな供給体制の構築に取り組んでいます。直近ではマレーシアにおけるステンレス冷延の合弁会社Bahru Stainless(バル・ステンレス)社が2011年から営業生産を開始しており、さらなる拡張工事も進めています。
また、中国では、ステンレス冷延鋼板生産合弁事業のため、宝山鋼鉄(集団)公司等とともに、寧波宝新不銹鋼有限公司(浙江省寧波市)へ参画、1998年12月より生産を開始しています。同社は、拡大する中国ステンレス市場に対応して、、4期に渡る設備増強を実施しました。現在、66万トン/年の生産能力を有し、順調に操業しております。

強み6グループ経営

当社の国内グループ会社は、「当社商品を加工して付加価値を高めている製造・加工会社」「当社商品を販売している会社」「当社向け原材料の加工会社」「輸送や諸々のサービスを提供している会社」など、さまざまな業種にわたっています。主として鉄鋼業という当社の事業を中心にグループを形成しているのが特徴です。

鉄事業の強化・拡大に向けて、特に「新商品分野の拡充」と「加工商品分野の拡充」を2本柱に、、、グループ各社の経営資源や情報力を結集して取り組んでいます。

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-3920