GMOクリック証券のFX取引|ドル、ユーロなど外国為替の為替相場・為替レート

口座開設はこちらから
GMOクリック証券について
はじめての投資 初心者ガイド ホーム > 株実践ガイド > 為替相場
株取引とは?
取引のしくみ
値上がり益
配当・株主優待
信用取引1
信用取引2
株取引方法
銘柄の選び方
注文画面と注文方法1
注文画面と注文方法2
デイトレード1
デイトレード2
株取引のコツ
取引コスト
取引ツール
株実践ガイド
日経平均・TOPIX
為替相場
信用残高

の大集合!

財務諸表

限定独占販売

株価を変動させる要因はいくつかあり、

、為替相場の動向もその一つです。経済のグローバル化が進むにつれ、為替の動きが株式市場に与える影響は非常に大きくなってきています。
 FX取引も取扱っているGMOクリック証券では、株取引と同じログイン画面から、最新の為替レートやFXニュースなどを確認することもできるので便利です。

為替相場の変動は、その企業が輸出型なのか、輸入型企業なのかで正反対の影響がでます。一般的には、円安になると輸出型企業の株価が上がるといわれます。例えば日本の輸出産業の代表ともいえる自動車関連企業が、アメリカで1万ドルの車を1台売った場合、1ドル100円なら100万円の売り上げとなりますが、1ドル90円の円高になると売り上げは90万円に減ることになります。このように、円高では円換算すると利益や売上げが減少するのでマイナス材料となるのです。

一方、

,. ,, ,. ,. ,, ,.

,. ,, ,. ,. ,, ,.

,. ,, ,. ,. ,, ,. ,,.

、輸入関連企業や内需関連企業の株は円高で上昇する傾向があります。海外から材料や原料などを輸入している企業にとっては、円安はコストがかさむ原因になりますが、逆に円高になれば原料を安く仕入れることができるようになるため、業績アップの要因になるからです。

日本では主要銘柄の大半は輸出型の企業です。そのため、円高になると日経平均も下落し、日本の株式市場全体が落ち込んでいるような印象を受けます。経済全体としては円安の方が歓迎されがちですが、もし自分が保有する銘柄が輸入型の企業ならば、円高の方が有利に働くこともあることを覚えておきましょう。

 このページのTOPへ
信用残高
証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。
信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また 、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。

商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、、、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
株式取引はGMOクリック証券
Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved. GMO CLICK Securities, Inc.
{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-1301