激安新作

【特価セール】


「言葉は習うものではなく、慣れるもの」
とよく言われる。この発想からすれば、私達もネイティブの英語を聞いていれば、自然に本物の英語が身につくということになる。しかし、本当に外国人教師に習えば会話力がアップし 、上手に話せるようになるのだろうか。
結論から言えば 、「ノー」である。彼らが会話学校で教えてくれるのは、あくまでネイティブの英語。
短期間でネイティブのような会話力を身につける人が、ごく例外的にいるが、そういう人はもともと非常に鋭敏な語学センスを持っていた人で、全体のわずか1~2%にすぐない。
私たちのような普通の日本人が、、ネイティブスピーカーのように話すのは不可能と言えるだろう。私の知るところでも、外国人教師の指導がよくて、会話能力が身についたなどという人はほとんどいない。
ところが、私がいつも不思議に思うのは 、日本人は外国人教師に習ってうまくならなくても、決して彼らの教え方が悪いからだとは考えないことだ。誰かはうまくなっているのだろうが、自分がうまくならないのは、やはり自分に才能がないからだとあきらめて、学校を早々とやめてしまう。
よくしたもので、英会話スクールというのは、生徒の英語力が上がらなくても、つまりは看板に偽りがあっても、責められることがない。実に珍しい商売である。学費を何期分も前納させるのは
2017-09-26

, , , , , . , , .

The post appeared first on.

, , , , , . , , . , , .

The post appeared first on.

、生徒があきらめて挫折することを見越している節さえある。

もうひとつ注意しておかなければならないのは、英会話スクールにいる外国人教師のレベルだ。彼らの中には英語さえ話せれば日本で生活できると聞き及んでやってきて、アルバイト気分で働いているものも少なくない。
本来は言葉を教えるという行為は、それなりの高等教育を受けた人間が、文章や文法の理論も修めた上でその立場に立つのが当然だ。ところが、日本の街の英会話学校の現状は、何ともお寒い限りだ。第一、あれだけの数の学校に、きちんとした教授法の教育を受けた外国人を供給できるなどということは、誰が考えても不可能である。まさに、、外国人教師なら誰でもいいとする風潮が蔓延しているのである。
さらに一言付け加えておくと 、英会話学習というものは、覚えること(インプット)と 、使うこと(アウトプット)によって成り立っている。外国人教師ができるのはアウトプットの方である。インプットの教育に関しては、外国人よりも、むしろ日本語と英語の違いをわきまえた日本人教師の方が優れているという事実は、あまり理解されていないようだ。英会話の学習において 、何が一番問題なのかを知っているのは 、、、日本人教師なのである。

>> 次のページ(「海外留学しても話せない」)へ

>> 目次へ

>> P.C.G.メソッド(Flash版)

このページのトップへ▲


Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved.(C) PAN NATIONS CONSULTING GROUP CO., LTD. All rights reserved.
{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-625