の商品が簡単に探せます

 

プロセス粘度計(HYDRAMOTION社)

【人気沸騰】

多くの産業分野において 、プロセス工程での信頼できる粘度測定器が永年必要とされてきましたが、これには費用もかかり測定についても明確なものとは言い難いものでした。 理想的な粘度計とは、流体に含まれている固形物や流速などの流体条件に無関係に精度良く粘度値を読み取れなくてはなりません。 また、プラントのノイズや振動にも影響されないように設計されていることも大切な条件です。 駆動部分は必ず磨耗傾向にあるので、XLシリーズにはベアリングやシール部品は使用しない構造になっております。 従って、メンテナンスにかかる手間と経費が最小限に押さえられます。

据付は非常に簡単でバイパスラインやポンプは不要で直接ラインに据付出来ます。 是により、粘度測定の質も向上し据付の費用も削減されます。 Hydramotionはこれらの問題点を踏まえた上で、実際のプロセス条件下で高精度な粘度測定を可能にする少経費型のプロセス粘度計を開発しました。

【人気沸騰】

XLシリーズ粘度計はライン直接取り付けタイプ、浸液タイプ、ナンディータイプと様々なタイプが用意されています。
永年に渡る振動機器の設計で蓄積された経験とノウハウによりプロセスラインでの粘度測定に必要な全てを満たしています。

  • プラント内の振動に影響されない
  • 高精度で安定性抜群
  • 駆動部がなくメンテナンスフリー
  • 測定可能な温度、圧力、流速の周囲条件の範囲が非常に広い
  • 超低粘度液(0.01cp~)のオンライン粘度測定も可能
  • 非常に堅牢な構造
  • 洗浄性に優れている
  • スラリー及び磁性体の影響を受けない
  • 特別な取り付け作業は不要でボルト留め
  • タンク用ロングセンサータイプ(先端部のみ感度)

測定原理

XLシリーズ粘度計は、センサーロッドを高周波で往復でねじれ振動させ、液体の粘度変化に伴って変化する共振特性を利用してエネルギーの損失を導き出し、粘度値として表示する新しいタイプの粘度計です。 粘度値は、直接HP550(シグナルプロセッサーユニット)の液晶画面に表示され、4/20mA信号として外部出力されます。

主要用途

  • 接着剤
  • エマルジョン
  • 鉱物加工
  • 薬品
  • アスファルト
  • 発酵製品
  • 泥土及びスラリー
  • 電力産業
  • 建築材料
  • 食品工程
  • オイル及びガス精製
  • 樹脂
  • セラミック
  • 燃料
  • ポリマー
  • 溶剤
  • 化学薬品
  • ガラス
  • ペイント
  • シロップ
  • 菓子類
  • インク及び染色剤
  • 製紙
  • 水処理
  • コーティング剤
  • 油圧オイル
  • 石油製品
  • 磁性塗

VL700(ハンディータイプ粘度計)

研究室内、工場内及び屋外の現場などの様々な場所で液体の粘度値を簡単に測定したい場合に最適です。 粘度計センサー部を液体に浸すだけで簡単に粘度値がシグナルプロセッサーユニットの液晶画面に表示されます。

 
{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-3514