無料ネット&店舗販売新作続々入荷中

必要があります

最近のコメント

最近のトラックバック

関連図書

公式オンラインストア

控訴する裁判所は、第一審が簡易裁判所のときは地方裁判所、地方裁判所のときは高等裁判所になります。
判決が一部勝訴で一部敗訴の場合には 、敗訴部分について不服であるとして、控訴することになります。
控訴状は 、原審裁判所の担当窓口に提出するのですが、判決の正本が送達されてから2週問以内に提出しなくてはなりません。よって、とりあえず 、控訴状には、原判決を表示して、これに対する不服申立てであることを明記し、まずは、速やかに控訴を提起することが重要だと思います。具体的な控訴理由は 、後日でよいのですから。
そして、控訴提起後、、50日以内に控訴理由書を提出します。
この50日間とは一応の決まりであり 、実際には、、裁判所から提出期限の通知が届きます。

控訴状のサンプルを添付しました(第1審判決が一部敗訴の場合です)。

「kosojo_sample1.pdf」をダウンロード

(補足)

地裁より下記の訂正を求められました。簡裁に提出時は逆を言われたのに・・・・・

どないことなっとんのや?

(訂正前)1 原判決中 、控訴人敗訴部分を取り消す。

(訂正後)1 原判決を、、

、次のとおり変更する。

2010年1月21日 (木) 91.控訴のやり方 | 固定リンク
Tweet

91.控訴のやり方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

この情報を登録する


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1202886/33071366

この記事へのトラックバック一覧です: 控訴状の書き方:

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログをマイリストに追加
 
{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-1797