夫婦ふたり旅研究中

普通の会社員だけど豪華客船に乗りまくりたいアラフィフ主婦の旅ブログ

豪華客船Q&A

2017/04/08

クルーズ船イメージ

1泊あたり料金がリーズナブルな外国船に乗りたいと思って、ダイヤモンド・プリンセスのショートクルーズを探してみると、最も短いクルーズで5泊6日 、よくある日数では8泊9日くらいなんですよね。よくみると、必ず釜山(韓国)か台湾かサハリンが寄港地に含まれています。

外国船のクルーズはどうして外国へ寄港するのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

【人気満点NO.1】

外国船が日本国内だけ寄港してクルーズを完結できない理由・・・どうやらカボタージュ規制という、交通に関する規則があるようです。

国内の2地区間を運航することをカボタージュと言い、外国の航空・船舶会社に対し自国の領域内で運航許可を与えない権利(カボタージュを規制する権利)が、国際条約で認められています。そして日本では 、船舶法において外国船舶によるカボタージュを原則禁止としているのです。

つまり、資本力のある外国会社に国内市場が奪われないように、規制を設けて日本の船を保護しているのです。これはクルーズ船だけでなく、貨物船についても同じです。

規制が廃止されるとどうなる?

ヨーロッパではこのような規制が廃止されたため 、価格戦争の末、いまのようなリーズナブルな船が増えたそうです。日本でも規制が廃止されれば、外国船で週末ワンナイトクルーズができるようになるのでしょうね。

しかしそれが原因で 、飛鳥Ⅱ・にっぽん丸・ぱしふぃっくびいなすのサービスの質が落ちたり、日本船の良い所を維持できなくなってしまうのは 、個人的には歓迎しません。

ですが、カボタージュ規制がなくなることによって、代わりに国内法規の制約を免れることが期待できます。国内法規の制約とは、

  • 航海士・機関士は日本人に限定
  • 60日に一度、海外に出る義務
  • 同一寄港地や同じ航路のクルーズは年3回まで(定期船との差別化のため)
  • 安全運航管理者の常設義務付け
  • カジノの禁止
  • 消費税の付加

などです。もし船内のカジノで収益を得て、船内で免税品を売ることが出来れば 、外国船との価格競争に対抗できる可能性が高まるわけです。

スポンサーリンク

海運業界のカボタージュ規制緩和の可能性は?

日本でも航空業界ではすでに、2007年に地方空港と韓国・タイと 、、2010年に日本全域とアメリカとのカボタージュ規制を完全撤廃したのを皮切りに、2016年現在では28か国・地域と自由化しています。その結果、私達はLCC(ローコストキャリア)の航空会社を利用できるようになりました。

そして現在のところ 、日本の大手航空会社2社は、自由化の後もこれまで通り経営を維持しているように見えます。

クルーズ船の場合も、カボタージュ規制を廃止したからと言って、必ずしも日本船の経営に悪影響だけを与えるとは言えません。しかも、飛鳥Ⅱの後継となる飛鳥Ⅲは、日本船籍ではないという噂もあり 、実際にそうなった場合は、にっぽん丸とぱしふぃっくびいなすが不利になる規定の見直し→規制の緩和、、もあり得ると考えます。

スポンサーリンク

-豪華客船Q&A

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-3226