お電話でのお問合せはこちら
0120-580-262
受付時間
9:30~18:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

【爆売り!】

嫡出否認の訴えとは、父とこの間に父子関係がないことを確認する訴えのことを言います。父と子の間に父子関係がある場合、父には子に対する扶養義務が生まれ、子は父の相続人として扱われることになります。もっとも、何らかの事情で父子関係がないことが確認された場合、現在生じている父子関係を解消するために嫡出否認の訴えを提起することとなります。

 この嫡出否認の訴えは、原則として父親から提起される必要があります。また 、

、訴えを提起するにあたっては、父親がこの出生を知ってから1年以内になされる必要があります。そのため 、父親が子の出生を知ってから1年が経過してしまっている場合は、父と子の間の父子関係は確定し、父親は嫡出否認の訴えを提起することができなくなります。

 この嫡出否認の訴えでは 、生物学的に見て父と子の間の父子関係不存在を立証する必要があるため、今日ではDNA検査などの科学的手法が採られることが多いです。

 もっとも、嫡出否認の訴えそのものは 、父子関係を根底から覆すものであり、当事者にかかる負担は大きなものとなりがちです。また 、家庭内の事情であることから 、、他者への相談がしにくいという側面もあります。そのため、嫡出否認の訴えを考えているような場合は、家族関係の法律問題に詳しいに相談し、丁寧なアドバイスを受けることが必要と言えます。

高質で安価

お電話でのお問合せはこちら

0120-580-262

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5251-0003

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

Menu

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-1055