【送料無料祭り開催中!】

企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ようこそゲストさん 会員登録(無料) ログイン

人事キーパーソン正会員数107126人 / セミナー・イベント数35323件
人事向けサービス数5278件 / 講師・コンサルタント数2574 人
印刷する 

今月激安新作

2017/07/24

今月激安新作

「働き方」に関して調査・研究する一般社団法人「はたらく未来研究所(東京・港区 所長・富岡明日香)は、学校法人産業能率大学との同調査として「多様な人材がイキイキと働くことができる職場とは」をテーマにしたインターネットリサーチを実施しました。

 

本調査は、ダイバーシティ経営に必要な取組みのうち社員のモチベーション向上や職場環境の改善から得られる 「職場内の効果」に有効な一手として、会社と職場の双方から改善すべきアプローチを明らかにすることで、社員 の自由な発想や生産性向上に結びつけるための具体的な要素を分解していきました。 今回は、組織、職場、個人の3要素からなる「イキイキ度」という心理的ものさしを「合成変数」という統計法 を使って作成し、イキイキと働いている人とそうでない人を比べる設問を用意しました。各設問は、「あてはまる」 「ややあてはまる」「あまりあてはまらない」「あてはまらない」の選択肢にウエイトをかけてスコア化し、そのスコア合計を「イキイキ度」として表わします。イキイキ度の評価は、自分が所属する会社全体に関すること、自分 の身の回りの職場環境に関することの二つの軸に分類していきました。

(1)会社への魅力=私は今の会社に魅力を感じている(組織)
(2)職場への愛着=私は今の職場が好きだ(職場)
(3)毎日仕事に行く楽しさ=私は毎日仕事に行くのが楽しい(個人)

 

◆調査結果のまとめ◆
イキイキと働く人は、自分のやりたい仕事ができているという納得感がある。
イキイキと働く人は、仕事の進め方や目標を自分で決めていく裁量権がある。
イキイキと働く人の職場は、活気がありコミュニケーションが十分に取れている。


イキイキ度の高い人・低い人に見られる傾向を調べると、イキイキ度が高い人は年齢30代以下の若者層に多く、職種別では、「管理」(総務・人事・経理・情報システムなど)、「研究開発・設計」部門が多いことがわかりました。また社内のポジションでは「職位が高い」人が多く、これらの層は会社に対しても、職場に対しても比較的満足しているという結果でした。会社については「社員の心身の健康に配慮してくれている」「安全に配慮してくれている」という安定したフォローがなされており、職場については「活気があって明るい」「メンバーの成功を皆で喜びあう雰囲気がある」という面で評価が高くなっています。

一方、イキイキ度が低い人は、年齢40代以上に多く、職種別では「営業」部、社内ポジションは「一般社員」が多いという結果でした。これらの層がイキイキと感じられていない理由は、会社については「社員をワクワクさせる雰囲気がある」「社員のやりたいことに取り組ませてもらえる」というある程度の自由さを示す面で評価が低く、職場については「仕事が楽しくなるような仕掛けがある」といった風土や社内の雰囲気に関する評価が低いことが影響したと言えます。

 

イキイキ度を上げるには「社員をワクワクさせる雰囲気」
「仕事が楽しくなるような仕掛け」に取り組むことがポイント!

調査結果から「イキイキ度の影響力」を見ると、「私の職場には仕事が楽しくなるような仕掛けがある」「私の会社には社員をワクワクさせる雰囲気がある」といった、仕事を楽しんで取り組む環境づくりの数値幅が大きい事が分かります。設問に対する回答は否定的な意見が多いことから、上記項目は「イキイキ度への影響力が高いにも関わらず、満足できていない」という解釈が出来ます。

 

■調査の概要
・テーマ イキイキと働くことができる環境とは
・調査対象 合計600人
従業員規模300人以上の企業に勤務する20歳以上60歳未満の正社員(男性30代以下・男性40代以上・女性30代以下・女性40代以上 各150人)
・調査期間 2017年 6月
・調査手法 インターネット配信による

 

◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(一般社団法人はたらく未来研究所 http://hatarakumirai.com/ /7月19日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

企業人事部
人事サービス
社会
グローバル

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

旺盛な建設投資と猛暑が景気を押し上げ。大企業は3年4ヵ月ぶりに50を上回る~『TDB景気動向調査 2017年7月調査結果』:帝国データバンク

(2017/08/04)


働き方改革の推進者は、経営者が42.4%と高く 、人事部長(24.5%)と経営企画(20.3%)が続く~国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表:IDC Japan

(2017/08/04)


AI・IoT実用化のビジネスを支えるバイリンガル人材数が需要に対して圧倒的に足りない~『2017年第2四半期採用動向レポート』:ロバート・ウォルターズ・ジャパン

(2017/08/01)


ワークライフバランスや柔軟な勤務体系の高まる重要性。日本国内では初のトップ5に浮上~『ランスタッド・エンプロイヤーブランドリサーチ2017』勤務先の選択における重要項目を発表:ランスタッド

(2017/07/31)


社員の副業・兼業 「認める」約4割、今後の制度見直しも「必要あり」約7割。制度改革に最も必要なのは、経営陣や人事・労務部門の理解~『大企業の人事担当368名に聞いた、副業・兼業に関する意識調査』:二枚目の名刺

(2017/07/31)


教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュースを全て見る
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

おすすめ情報

書籍を読みたいが時間がない…

ビジネス書・一般教養書が1冊5分!
忙しい人事、ビジネスパーソンにお勧め


ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。



『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、 、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...



会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...


プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント


日本最大のHRイベント開催!

日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」を5/16(火)~19(金)に開催。


日本の人事リーダー会

一橋大学名誉教授の石倉洋子氏を講師に迎え、、

、第10回会合を2/2(木)に開催。


人・組織ビジネス業界関係者の会

日本の人事部『プロフェッショナル・ネットワーク』新年会~講演&交流会~を2016年2月2日(火)に開催。


【テーマ別コンテンツ】
【関連情報】

Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved. c 2004- 2017 iQ Co., Ltd. All Rights Reserved.
{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-2853