UNIVERSAL AUDIO ユニバーサルオーディオ / APOLLO TWIN USB3.0オーディオインターフェース(送料無料) Steinberg 49 Cleaning日本最初の直営店

適切な価格UNIVERSAL AUDIO ユニバーサルオーディオ / APOLLO TWIN USB3.0オーディオインターフェース(送料無料) Steinberg 49 Cleaning

プロセス領域とは何か?

CMMIは、ソフトウェア開発で使用される、プロジェクト管理やエンジニアリング、プロセス管理、およびその他の支援といったプロセスを改善することに役立つベストプラクティスを集めたものです。CMMIでは、ある領域における関連するプラクティスのひとまとまりをプロセス領域と呼びます。開発のためのCMMI(CMMI-DEV)には、22個のプロセス領域があります。

適切な価格UNIVERSAL AUDIO ユニバーサルオーディオ / APOLLO TWIN USB3.0オーディオインターフェース(送料無料) Steinberg 49 Cleaning

プロジェクト管理のプロセス領域は、プロジェクトの計画策定、監視、および制御に関連するプロジェクト管理活動を扱います。プロジェクト管理のプロセス領域は7つあります。
プロジェクト管理のプロセス領域およびそれらの目的は以下のとおりです。

  • 要件管理
    『要件管理』 (REQM) の目的は、プロジェクトの成果物の要件および成果物構成要素の要件を管理すること、およびこれらの要件と、プロジェクトの計画および作業成果物との間の整合性を確保することである。

  • プロジェクト計画策定
    『プロジェクト計画策定』 (PP) の目的は、プロジェクトの活動を定義する計画を確立し保守することである。

  • プロジェクトの監視と制御
    『プロジェクトの監視と制御』 (PMC) の目的は、プロジェクト実績が計画から著しく逸脱する場合に適切な是正処置をとることができるように、プロジェクトの進捗に関する把握手段を提供することである。

  • 供給者合意管理
    『供給者合意管理』 (SAM) の目的は、供給者からの成果物およびサービスの取得を管理することである。

  • 統合プロジェクト管理
    『統合プロジェクト管理』 (IPM) の目的は、「組織の標準プロセス群の集合」からテーラリングされる、統合され定義されたプロセスに従って、プロジェクトおよび直接の利害関係者の関与を確立し管理することである。

  • リスク管理
    『リスク管理』 (RSKM) の目的は、潜在的な問題が顕在化する前にその問題を特定することである。これにより、目標達成の妨げとなるような影響を軽減するために、成果物またはプロジェクトの全期間にわたって、必要に応じてリスク取り扱いの活動が計画され、開始される。

  • 定量的プロジェクト管理
    『定量的プロジェクト管理』 (QPM) の目的は、プロジェクトが確立した「品質およびプロセス実績の目標」を達成するために、プロジェクトを定量的に管理することである。

エンジニアリングのプロセス領域

エンジニアリングのプロセス領域は、エンジニアリング専門分野間で共有される開発活動および保守活動を扱います。エンジニアリングのプロセス領域は5つあります。
エンジニアリングのプロセス領域およびそれらの目的は以下のとおりです。

  • 要件開発
    『要件開発』 (RD) の目的は、顧客要件、成果物要件、および成果物構成要素の要件を引き出し、分析し、そして確立することである。

  • 技術解
    『技術解』 (TS) の目的は、要件に対する解を選定し、設計し、そして実装することである。解、設計、および実装は、単体の、または適宜組み合わせた成果物、成果物構成要素、および成果物関連のライフサイクルプロセスを網羅する。

  • 成果物統合
    『成果物統合』 (PI) の目的は、成果物構成要素から成果物を組み立て、統合されたものとして成果物が適切に動く (必要とされる機能性および品質属性を備えている) ようにし、そしてその成果物を納入することである。

  • 検証
    『検証』 (VER) の目的は、選択された作業成果物が、指定された要件を満たすようにすることである。

  • 妥当性確認
    『妥当性確認』 (VAL) の目的は、成果物または成果物構成要素が、意図された環境に設置されたときにその意図された用途を充足することを実証することである。

プロセス管理のプロセス領域

プロセス管理のプロセス領域は、複数のプロジェクトにかかわる活動を含んでいます。それらの活動は、プロセスの定義、計画策定、展開、実装、監視、制御、評定、測定、および改善に関連します。プロセス管理のプロセス領域は5つあります。
プロセス管理のプロセス領域およびそれらの目的は以下のとおりです。

  • 組織プロセス重視
    『組織プロセス重視』 (OPF) の目的は、組織のプロセスおよびプロセス資産の現状の強みと弱みを綿密に理解した上で、組織のプロセス改善策を計画し、実装し、そして展開することである。

  • 組織プロセス定義
    『組織プロセス定義』 (OPD) の目的は、利用できる一連の組織プロセス資産

    、作業環境標準、および「チームのための規則および指針」を確立し保守することである。

  • 組織トレーニング
    『組織トレーニング』 (OT) の目的は、役割を効果的かつ効率的に遂行できるように、人員にスキルおよび知識を身につけさせることである。

  • 組織プロセス実績
    『組織プロセス実績』 (OPP) の目的は、「品質およびプロセス実績の目標」の達成を支援するために、「組織の標準プロセス群の集合」の中で選択されたプロセスの実績に対する定量的な理解を確立し維持することである。また、組織のプロジェクトを定量的に管理するために、プロセス実績のデータ、ベースライン、およびモデルを提供することである。

  • 組織実績管理
    『組織実績管理』 (OPM) の目的は、組織の事業目標を満たすために、 、組織の実績を先を見越して管理することである。

支援のプロセス領域

支援のプロセス領域は、成果物の開発および保守を支援する活動を扱います。一般的にはプロジェクトを対象とするプロセスを取り上げますが、組織に適用されるプロセスを取り上げる場合もあります。支援のプロセス領域は5つあります。
支援のプロセス領域およびそれらの目的は以下のとおりです。

  • 測定と分析
    『測定と分析』 (MA) の目的は、、管理上の情報ニーズに応えるために使用される測定能力を開発し維持することである。

  • プロセスと成果物の品質保証
    『プロセスと成果物の品質保証』 (PPQA) の目的は、要員および管理層に対して、プロセスおよび関連する作業成果物に対する客観的見通しを提供することである。

  • 構成管理
    『構成管理』 (CM) の目的は、構成の特定、構成制御、構成状況の記録と報告、および構成監査を行って、作業成果物の一貫性を確立し維持することである。

  • 決定分析と解決
    『決定分析と解決』 (DAR) の目的は、特定された選択肢を確立された基準に照らして評価する正式評価プロセスを使用して 、可能性のある決定を分析することである。

  • 原因分析と解決
    『原因分析と解決』 (CAR) の目的は、選択された実施結果の原因を特定すること、、、およびプロセス実績を改善するための処置をとることである。

お問い合わせ

CMMI導入に関する各種サービスについてのお問い合わせはこちら

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-129