時代を変えたい——! 次世代バンド・オーラルの確かな意思と意地。

  • 2017年7月2日

    フィギュア ガンダム Gundam SEED Kira Yamato (japan import) 正規輸入品 Chomp koopa 正規輸入品【安い一番よい】

  • 0702 / 2017

梅雨明け前、そして、、昨日から白熱のライブを繰り広げてきた跡地ということで 、会場は湿気と熱気でムンムンだ。THE ORAL CIGARETTESの出番直前、バンドのクルー名「BKW!!」(=番狂わせ)と書かれたTシャツを着たファンたちが集まってきたと思うと、本人たちは公開リハーサルを始めた。リハにも関わらず、ほぼ完成形で演奏を始める中、ファンたちも準備体操がてら飛び跳ねたり近くの仲間と挨拶するなど、本編に備えて体制を整える。

一昨年2015年にDPFに初登場して以来、二度目の出演となるTHE ORAL CIGARETTES。オープニングSEでメンバーが登場し、最初の一音を鳴らした瞬間、山中拓也(Vo.&Gt.)が話し始めた。「一昨年、あっち(後方を指差す)のステージで“アイドルバンドって言うな!”って言いながら演っていて。この2年間もがきながら、今日このメインステージに立っています。」と、DPFに再び出演できたことへの喜びを述べ、「時代を変えたい!SiMの一つ下の世代として。オーラルがどれだけすごいか見せてやる。かかってこい!!」と、自信満々の姿勢を見せた。

初っ端の「mist…」に始まり、「負の感情、全部吐け!」と叫び「嫌い」へ。曲名も歌詞も超どストレートな楽曲だ。山中の真っ直ぐな目と図太い芯の通った発言は、莫大な説得力があった。「今日は攻めていきます。タオルある奴はまわして、自分でまわりたい奴は自分らでまわって!」山中がそう言うと、大きなサークルが出来上がった。「STARGET」の「廻る廻る」に合わせて、ステージ上であきらかにあきら(Ba.&Cho.)が高速回転を見せつける。

「やっぱ最高に気持ち良いです!ありがとう!」山中のMCパートへ。「2年越しに帰ってきました。去年お声が掛からなくて…フォーリミ(04 Limited Sazabys)とかライバルも出ていて悔しい思いをしたけど、今回、メインで呼んでいただいて。俺らはまだ若手。こんなフェスができてすごいなと思うけど、真似事しててもあかん。オーラルが先頭になって引っ張っていきたい。できるかどうか、判断してください!」と「カンタンナコト」を披露した。「頭振るぞー!」と会場を煽ると、場内はヘッドバンガーズまみれに。

「まだまだ休憩してられないよな!」さらに煽って「狂乱Hey Kids!!」をぶち込むと、生きの良いサークルモッシュがいくつも生まれた。「俺らのこれからを見てもらうために、甘えないって心に決めた。」自己の確固たる自信と野望が放たれ、ラストの「ONE’S AGAIN」を歌い終えると、深く、、、深くお辞儀をしてステージを後にした。

【SET LIST】
01.mist…
02.嫌い
03.STARGET
04.Mr.ファントム
05.カンタンナコト
06.狂乱Hey Kids!!
07.ONE’S AGAIN

取材・文:羽村萌
写真:Yasumasa Handa