海外輸入

Posted on 2017-09-24 by admin

, . , , , . , , , . , , , . , , , . , . , . , . , . , .

Tags:;;;;;;;


早めに遺言書を作成するメリット

遺言書は亡くなる間際に書くものと思っている方がいらっしゃいます。しかし、それは大きな間違いです。元気なうちに遺言書作成をすることで、様々なメリットがあります。

新商品続々入荷中!

民法では「15歳に達した者は遺言をすることができる」と定めているため、15歳以上であれば誰でも遺言書作成が可能になります。 しかし、「遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない」という規定もあり、認知症などで遺言能力がないと判断された場合は、遺言書を作成しても無効になってしまいます。遺言能力の有無を判断するための基準は明確になっておらず、裁判で争われることもあります。 そのため、遺言能力があいまいな状態になってから遺言書作成を始めるよりも、自分で冷静な判断ができるうちに遺言書を作成しておいた方が、無駄な争いを招く心配がなく、遺言が無効になるのを防ぐことができます。

財産の記載漏れを防ぐ

相続発生後、遺言書に記載されていない財産が発覚した場合、記載漏れしていた分の遺産分割協議が必要です。したがって、相続トラブルを防ぐために遺言書を作成しても、記載漏れがあればトラブルを招いてしまいます。 早めに遺言書作成に取り掛かり、所有する財産を調べて整理すれば、記載漏れの心配がありません。財産を調べることは、生前贈与にも役立ちます。自分がどれくらい財産を持っているのか把握できていないという方は、遺言書作成の前に財産目録の作成をおすすめします。

ゆっくり考えることができる

財産の配分というのは、そう簡単に決められることではありません。現金・不動産・有価証券など財産の種類が多岐にわたる場合は特に大変です。 早めに遺言書を作成すれば配分を考える時間がたっぷりあるので、自分の意思を反映した内容の遺言書が作成できます。

遺言書には正しい形式があり、場合によっては無効になることもあります。せっかく書いた遺言書も無効になっては意味がありません。遺言書作成をするなら 、、兵庫県川西市にある当事務所にご相談ください。 当事務所では、、、、公正証書遺言の作成や遺言の作成指導などを行っています。川西市周辺にお住まいの方からの依頼をお待ちしております。

ページのトップへ▲
Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved. (c) 2008 兵庫県川西市【司法書士 三宅総合事務所】 All rights reserved.  
{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-3005