高級品市場

行政書士西中法務事務所

セールや送料無料

自動車の名義変更

相続に伴う車の名義変更~相続人以外の者の取得~

相続に伴う車の名義変更は少々書類も増え、各方面への押印をいただく手続きなど

なかなか一筋縄ではいきません。

そして、それも相続人以外の者に取得させたい場合にはさらなる困難を伴います。

もっとも、遺言を残していればこの壁は乗り越えることができますが、

そうでない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

相続を扱う士業さんも車についてはやってないという方もいらっしゃるかと思います。

専門家の方からのご相談も受け付けております。

 

さて、相続人以外の者に車を取得させたいという場面であっても、そのためには

2段階の手続きを踏む必要があります(ダブル移転と呼ばれる)。

 

まず、①遺産分割協議書を用意し、相続人の1人に相続させる形式をとります。

この際には、②戸籍、除籍謄本等を用意する必要があります。

そして、これも1つの移転ですので、③OCRシート、④取得税申告書等の準備を要します。

また⑤取得者の印鑑証明書が必要です。

2段階目の移転として、前記相続人より、新譲受人への⑥譲渡証明書を必要とします。 。

また、この譲受人の⑦印鑑証明書、⑧車庫証明書も新たに取得する必要があります 。

この車庫証明は発行されてから1か月の期間制限がありますので、

新たに取得する必要があります。

そして、最初の譲受人と新譲受人の⑨2人分の委任状を用意します。

手数料納付書に2件分1000円の印紙を貼る必要があります。

 

 

書類だけでもこれだけの量が必要となります。

また最初の段階で最終譲受人の車庫証明を取っておく必要があります。

最低でも2回の署訪問が必要ですし、書類作成からとなるとこの方の

実地調査も必要となりましょう。

そのうえで、押印もしっかりいただいておかねばなりません。

車庫証明を取得したのちも、管轄を違える場合には、車の持ち込みも

必要となります。

ご注意ください。

 

 

車庫証明からのセットでのご依頼の場合セット割引も設けます。

もちろん、場所によって料金の変更等ございますので、ご相談下さい。

お見積りは無料でお出しします。

 

TEL:04-7136-2071

MOBILE:090-7401-4912

お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

 

相続に伴う車の名義変更

相続に伴う車の名義変更も、大事な相続手続きの1つです。

これのみのご依頼も喜んで承りますのでお気軽にご相談ください。

 

管轄の移転がなく、相続人の1人が単独相続するという

オーソドックスな場面での必要書類を整理します。

第三者に所得させる場合には、ダブル移転という形になります。

また別の項で書かせていただきます。

 

①申請書(OCRシート)

②取得税申告書

③手数料納付書

④遺産分割協議書(相続人全員の署名押印、実印で)

⑤取得者の印鑑証明書

⑥戸籍謄本、除籍謄本(被相続人と相続人の関係を示す必要あり

場合によっては遡って取得する必要があります)

⑦車庫証明書(使用の本拠が変わる場合)

⑧代理人申請の場合の委任状

 

これらが必要になります。

詳しくは管轄の陸運局に問い合わせる必要がありますが、

野田の陸運局は以上の通りで進めることが可能です。

 

 

車庫証明まで必要となる場合には、署に2度訪れる必要が

あります。

加えて、取得後1か月以内でないとその証明書は失効してしまうことに

ご注意ください。

 

 

車庫証明と名義変更のセットのご依頼も承ります。

相続に伴う名義変更  12600円~

車庫証明       8400円~

セットの場合     18900円(2100円割引)

注 野田の陸運局管轄の範囲を前提としております。

そのほか、相続人の人数4名までを前提としておりますので

それ以上の場合は変動がございます。

見積もりは無料で行いますのでお気軽にご相談ください。

 

info@nishinaka-houmu.com

お問合せフォーム

04-7136-2071

直通 090-7401-4912

 

 

{yahoojp}xt01-zzp05-gui-zd-1652